帰化申請

学生さんの帰化申請(帰化ブログ抜粋記事)

帰化申請を専門とする東京の行政書士の佐久間です。


今日は、学生さんの帰化申請についてお話します。


学生さんの帰化申請のきっかけは、ご家族が帰化申請をされる際に、

私もボクも、というのが一番多いご依頼パターンです。


次に、ご両親は帰化意思はないけれど、お子様だけが帰化申請をする

という場合。このような場合は、就職を意識されていることが多いで

す。


学生のお子様だけが帰化申請をする場合には、その生計要件は、仕送

りや同居しているご両親について判断されるので注意が必要です。

つまり、ご両親は帰化申請をするのではなくても、あたかも帰化申請

をするかのように条件を満たしている必要があります。


学生さんの帰化申請をサポートさせて頂く時には、社会人の方のサポ

ートとはまた別の意味での能力が問われます。学生さんご自身が成人

しているとは言っても、そこはまだまだ学生さん。法務局で働く「社

会人」を相手に自己になるべく有利に手続きを進めていくのは、やは

り困難な作業と言えるでしょう。そこを上手くカバーしてあげるのが、

行政書士の役割のひとつであると考えています。


無事に帰化をされて、新たな人生へ一歩踏み出される学生さんのクラ

イアントの姿を見る度に、卒業生を送り出す教師のような、幸せな気

持ちになります。


ご自身のケースについてご相談・ご依頼をお考えの方は、是非一度、

弊事務所までお越し下さい。