帰化申請

帰化申請と犯罪歴(帰化ブログ抜粋記事)

帰化申請を専門とする東京の行政書士の佐久間です。


今日は、帰化申請と犯罪歴についてお話します。


犯罪歴があるのですが帰化申請できますか?というご質問を時折お受けします。


これは、その犯罪の程度によるものと考えています。

よくあるケースで、逮捕されたので、ご本人は犯罪歴と考えていても、実は不

起訴処分になっている場合も多くありますので、素人考えでのご判断は禁物で

す。しかし直近に重大な犯罪を犯している場合には、たとえ刑の執行が終わっ

ているとしても、「素行の善良性」が大きな壁になることは間違いありません。


また、常習性のある犯罪の場合には、刑の執行が終わったからといって、すぐ

に「素行の善良性」が認められることにはならないでしょう。


非常に悩ましいのが、「判決は確定しましたが、私は無実です」と訴えられる

方が少なくない点です。私の経験からして、約半数の方が、私はやっていない

と主張されます。無実であるならばどうして上訴して争わなかったのですか?

とお聞きすると、「弁護士から上訴しても勝訴の見込みが無いと言われた。」

というお答えが返ってくることが多いです。

このような場合は、刑事弁護を引き受ける弁護士と同じく、私はクライアント

の主張を信じることにしていますが、それでも、判決が確定したという事実は、

非常に重いものがあります。



ご自身のケースについてご相談・ご依頼をお考えの方は、是非一度、弊事務所

までお越し下さい。