帰化申請

帰化申請と結婚(帰化ブログ抜粋記事)

帰化申請を専門とする東京の行政書士の佐久間です。


今日は、帰化申請と結婚のタイミングについてお話します。


これまでは特に大きな必要性を感じていなかった方が、ご結婚やご出産を

契機に帰化のご決断をされることは、弊社のお客さまにもよくあります。


日本人とご結婚をされる在日の方などは、お相手のご家族から日本国籍に

帰化することを結婚の条件に出される場合もあるようです。


1.結婚後の帰化が有利な点


お客さまからよく頂くご質問です。これはケースバイケースと言えるでし

ょう。例えば、外国人の方のみの収入に難があって帰化の条件のひとつで

ある「生計要件」をクリアできそうも無い場合、お相手の方の収入がしっ

かりしていれば、「生計要件」は世帯単位で判断されますので、結婚後の

方が有利になる場合があります。

また、お相手の方が日本人であれば、日本人と結婚をしたので死ぬまで日

本で生きていく決意をした、というのは動機の点でも説得力のある帰化申

請となりえます。


2.帰化後の結婚が有利な点


日本人と外国人の方が結婚する場合、外国人の方が予め帰化申請をしてお

けば、そのご結婚は、日本人同士のご結婚ということになります。

ご承知のように、日本人同士の結婚手続きは他国と比較してもとても簡単

な部類に属しますので、この点のメリットがあります。


ご結婚後に帰化する場合には、当然、日本人と外国人との結婚になります

ので、国際結婚の手続きが必要になります。国によっては、結婚に国家の

許可がいる国さえありますので、国際結婚の手続きが複雑になる場合には、

あらかじめ帰化してしまうというのもひとつの方法でしょう。


ご自分のケースではどうなのかな?と思われたら、一度、事務所までご相

談にお越し下さい。