帰化申請

帰化申請と自己破産(帰化ブログ抜粋記事)

帰化申請と自己破産(帰化ブログ抜粋記事)


帰化申請を専門とする東京の行政書士の佐久間です。


今日は、帰化申請と自己破産についてお話します。


私は昔司法書士事務所に勤めていた際、自己破産の手続きのお手伝いを

数多く経験しておりますので、自己破産を選択される方々の悩みはよく

理解しているつもりです。


自己破産とは、自分の収入や財産で債務を支払うことができなくなった

場合に、自己の財産をすべてお金に代えて、それを債権者に債権額に応

じて分配・清算することで、生活を立て直すことを言います。


この場合、帰化申請との絡みで言えば、「生計要件」をまず検討すべき

です。自己破産をしたということは、その時点では、自己の収入・財産

から見て過大な債務を背負っていたことになるわけですが、帰化申請時

点できちんと生計が成り立っているのであれば、問題はないでしょう。


一方で、その自己の財産・収入以上の債務を背負ってしまった理由は、

ある程度問われることになります。自己破産をしたからといって「素行

が善良でない」とは言えませんが、債権者に対して当初の契約どおりの

債務の履行をしなかったことは事実だからです。


ご自身のケースについてご相談・ご依頼をお考えの方は、是非一度、弊

事務所までお越し下さい。